目に優しい環境づくりを行いましょう

PCのブルーライトは疲れ目にどう影響するか

疲れ目の原因はPCのブルーライトが関係している

目頭を押さえる男性

現代社会ではPCは必需品です。PC1台で大抵のことはでき、仕事から趣味まで常に毎日PCは活躍しています。そんなPCですが、長時間使用すると目に負担がかかり、様々な症状が現れてしまいます。

PCを長時間使用すると目に異変が

疲れ目
PCを使う方は、疲れ目になることが多いでしょう。この疲れ目は非常に軽度の症状であり、休めば症状は改善しますが、酷使した場合には眼精疲労を起こします。眼精疲労と疲れ目は似て非なる症状であり、眼精疲労を起こすと目の疲れが慢性的なものになります。また、症状が悪化すると痛みが出るケースもあります。そのため、眼科への受診が必要になる可能性が高いです。
目の網膜を傷つける
ブルーライトの症状で最も恐ろしいといえるのが網膜の損傷です。ブルーライトは紫外線に匹敵するエネルギーを有しており、水晶体を通過し網膜にまで光が到達します。その結果、網膜に強い負担がかかってしまいます。その結果、物が歪んで見えたり、最悪の場合失明したりする可能性もあります。なお、これはあくまでブルーライトの光を長期間見続けた場合であり、適度に休憩を挟むことでリスクは大幅に下がります。
ドライアイ
ブルーライトはそれほど関係ありませんが、PCによってドライアイになる人は増え続けています。PC作業中は人の瞬きの回数は極端に減ります。そのため、目の表面が乾燥しやすくなってしまい、疲れ目を始めとした様々な目の症状を発症しやすくなります。ちなみに、瞬きによって目にできる水分の膜は10秒程度でなくなります。今この文章を読んでいて、目の乾きを感じている場合は、日頃から目薬をするなどして対策するとよいでしょう。

上記の症状はほんの一例であり、他にも様々な症状が発症します。PCというのは、それほど目を酷使するものなのです。目は常に活動しているので、適度に休ませるようにしましょう。

疲れ目の原因はブルーライト?

これらPCを観ることによって起きる症状の殆どにブルーライトが関係しているといわれています。ここでは、そんなブルーライトが具体的にどのような影響を与えているのかについてもう少し深く掘り下げていきましょう。

ブルーライトとは何ですか?
ブルーライトは、紫外線に近い光です。光には波長があり400nm(nm)から780nmの波長の光を、可視光線といいます。この波長よりも短い波長の光は紫外線であり、ブルーライトは最長でも約395nmとなるので、紫外線に近い光になります。そして、ブルーライトは可視光線のように目の角膜や水晶にまで届くこともあります。なお、自然の光にもブルーライトは存在しますが、PCの光には非常に多くのブルーライトが含まれています。
ブルーライトが目に与える影響とは
ブルーライトの影響と上記していますが、実際にはまだ研究段階であり、確実にブルーライトが悪影響を与えているという確信は得られていません。しかし、角膜や水晶体を通過して網膜に直接届くことを始め、ブルーライトの様々な特性が目に様々な症状を与えていることから関係しているかのせいは高いとされています。また、ブルーライトの光を見続けることで体が覚醒してしまい、睡眠の質を下げるともいわれています。

ブルーライトは防ぐことができる

ブルーライトは自然界にも存在する光であり、完全に防ぐことは実質不可能です。そもそも、ブルーライトは害悪ではなく、PCなどから発される強いブルーライトを過剰に見続けることによって症状が発症するのです。つまり、適度に見る程度ならばほぼ問題はなく、工夫すればブルーライトを浴びるリスクは大幅にカットできます。モニターの色調調整をしたりブルーライトをカットする眼鏡を装着したり、または適度に休憩を取ることによって目のリスクは大幅に無くすことができるのです。

PCの影響による疲れ目を解消する方法

ブルーライト対策はPCを長時間使い続けるお仕事の人ならばぜひとも把握しておきましょう。ここでは、PCを見続けることによって発生する疲れ目の解消方法を紹介していきます。疲れ目は悪化すると眼精疲労になるので早めに解消していきましょう。

仕事中にできる疲れ目の解消法

目の疲れをとるストレッチをやってみたら多少は疲れをほぐすことができました (30代後半/男性)

デスクワークなので目が非常に疲れやすいのですが、目の前の席に上司がいるので少し目をつぶって休憩なんてしづらかった時のお話です。あの時は疲れ目を解消するストレッチを行ない、なんとかやり過ごしていました。まぶたをギュッと閉じ、ぱっと大きく見開くといった動作を数回した後に、目をゆっくりと上下左右に動かし、最後に右回り左回りに両目を回すということを数セットやると、目の疲れが多少ましになります。

休憩中に温かいアイマスクを装着しています (20代前半/女性)

PCを毎日み続ける仕事であり、目の疲れが半端ないので休憩時間は一切PCもスマホも見ません。ご飯を食べたら温かいアイマスクを装着し、寝ます。暖かさが目にじんわりと効き、結構気持ちよく眠れます。しかも昼休憩に眠ることで脳が程よくリセットされ、スッキリした気分で午後の仕事に移れます。

疲れ目を解消する食材を摂取

食材の中には目に効果のある食材も多く、疲れ目に効くものがたくさんあります。有名所ではブルーベリーがありますが、他にも沢山存在します。

サンマ・カツオ
イワシやサンマといったいわゆる青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。DHAといえば脳に良い影響を与える栄養素として有名ですが、疲れ目にも効果があるとされています。イワシやサンマの他には、マグロやカツオにも含まれています。
ブルーベリー
疲れ目に効果があるとして有名なのがブルーベリーです。ブルーベリーには物を見る時に必要な「ロドプシン」と呼ばれる物質の再合成を活発にして目の疲労に良い効果をもたらす「アントシアニン」と呼ばれる物質が多く含まれています。
人参・ほうれん草
目の粘膜を保護する役割を持つのが、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAです。人参やほうれん草に多く含まれています。また、緑黄色野菜には「ルテイン」という活性酸素を取り除く物質も含まれており、疲れ目以外にも眼精疲労予防などに役立ちます。

上記したもの以外にも疲れ目に効く食材はたくさんあります。しかし、ブルーベリーのようにお手軽に摂取できないものもあるので、どうしても摂取できない場合はサプリメントで代用するのも良いでしょう。下記サイトでは、疲れ目を和らげてくれるおすすめのサプリメント情報が紹介されているので、参考にしてみてください。

TOPボタン

Copyright©2017 生活習慣改善書~ブルーライトの影響による疲れ目の対処法~ All Rights Reserved.